チャンスとピース

アクセスカウンタ

zoom RSS 淡路島〜鳴門 旅 A:一日じゃ足りない?淡路島観光

<<   作成日時 : 2018/06/01 03:13   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 1

「東京⇒神戸⇒淡路島⇒鳴門⇒和歌山」 旅
そもそも「何故、淡路島を旅先に選んだか?」という話からしますと…
羽田→関西空港に行くときに見えるんですよね
探求心の強い自分は、’島の中って、実際にはどんな風になっているのだろう’とずっと気になっていたんです
関西の知り合いに話したら、「観光に力を入れていて、美味しいものも多い」という言葉が返ってきた
’これは、行くべき!’と思い、決めた次第です

旅行中はずっと車で移動してました
神戸から明石海峡大橋を渡り、淡路島へ
※遠くに見える橋が明石大橋↓
画像

まずは、橋を渡ってすぐのところにある淡路PAに立ち寄る
ここ、観覧車があるんです
快晴で見晴らしも良さそうだし、自分が通ってきた道や橋を眺めるには絶好でしょ〜
画像

※観覧車のてっぺんから↓
画像

※ALLスケルトンのゴンドラを選んで乗りました…正直、ちょっと怖かった
画像


この後目指すは、「淡路島牧場」
いわゆる観光牧場というよりも、「酪農メインの観光ちょこっと牧場」という感じ
画像

でも、ここでやりたいことがあったんです
「子牛ちゃんにミルクをあげる」
※よだれダラダラですが、根っからの動物好きにはこういう子牛ちゃんが愛おしくてたまらないんです↓
画像

その後は、すぐ近くにある 「淡路ファームパーク イングランドの丘」 へお花畑を見に行く
画像

春の淡路島は、お花を見せてくれる施設が多いように思います
ここはかなり広大で、羊もいる♪
※ネモフィラの群生が、空と呼応しているように美しかったです
画像

※自撮り:羊ちゃんと♪家畜大好き!
画像

※淡路島と言えば「玉ねぎ」が有名↓ファームにも沢山植わってました
画像


…嗚呼、’癒される’ってこういう感覚かぁと、思い出しました
広ーい場所で、空が青くて、お花がきれいで、動物と触れ合って、本来の野菜の姿を見て…
こういうの、良いなぁと思ったりして…
’非日常’を五感を使って感じるというのは、実に清々しいものです


さてさて、その後は、淡路島の中心地であり、城下町の洲本へ向かいます
洲本では、ガイドブックに載っていた「レトロ小道」を散歩してみました
昭和?の古き良き住宅を活用した、味わいある飲食店やオシャレな物販の店が並ぶエリアです
距離は短い、まさに小道なのですが、なんだかほっこりするエリアでした
※この中のジェラートのお店に入ってみました↓
画像

※ジェラートに添えられているレモンは、もちろん、淡路島産!
画像

バニラにレモンは合う〜美味しかったぁ

淡路島観光は、この一日だけ
正直、もっと時間を取れば良かったと、後から思いました
じっくり色々観ながら廻ってみたかった
乗馬もしたかった


太陽さんさん、美味しいモノたくさんな’淡路島’
飛行機から広そうだなぁと眺めていましたが、実際行ってみたら本当に広かったです
行ける方は、ぜひ、のんびりした行程でプランを練ることをお勧めします

淡路島宿泊もお勧めなので、次回紹介しまぁす♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
淡路島って、正直旅行先として候補に上らないのですよ〜。
でも、emiさんのレポートを拝見して、とても興味が湧いてきました。
腰の重い我が家ですが、ちょっとばかり足を伸ばしてみようかな。という気になりました。
くっきぱぱ
URL
2018/06/21 00:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
淡路島〜鳴門 旅 A:一日じゃ足りない?淡路島観光 チャンスとピース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる