悪魔emi と 小悪魔ピース

愛犬ピース(ケアンテリアの女の子、3歳3か月)
後ろ足がガクガク震えちゃいました
生まれたての仔鹿ちゃんみたいな、立っているのも必死といった様子!!!
こんなことは初めてなので、飼い主emiもびっくりです
ピースにいったい何が???

※ガクガクする直前のピース↓
画像


実は「動物病院に行って診察台に上った」それだけのことなんです
体調が悪くて行ったわけでも、久しぶりの病院というわけでもありません
毎月11日はかかりつけの病院で爪切りと肛門腺絞りが無料になるので、健康チェックも兼ねて毎月病院に行っています(この時、診察代は支払っています)
しかし、’ガクガク仔鹿ちゃん’状態は初めて

…それを見てどうしても笑ってしまう、悪魔な飼い主emiです

※待合室での時間が長いので暇を持て余すピース↓
画像


震えた理由がこれしか考えられないと限定できたので笑っちゃったんです
理由、それは…私と診察台(その上のピース)との間に20~30㎝の距離があったこと
「病院では飼い主さんが近くにいると安心するから、そばで励ます・保定する」
これがある意味定説ですから今までそれを守ってきていたんですが、今回はのっけからやめてみました
それがピースにとってはいつもと違ったんですね
何をされるか不安なので私に助けを求めたい、抱き着きたいけれどそれにはちょっと距離がある…どうしたら良いの?というのを体全体でアピールしているように見えました…

※待合室でのピース↓
画像


それを見て、笑う飼い主・emi
もう一度言います、私、悪魔ですね
ま、悪魔なら悪魔でいいんです
だって、これが私の’攻めの戦略’だから
(愛犬の可哀そうな姿に負けてしまう自分に今日は負けない…ややこしいですが、これが私の攻めの姿勢ということです)

※参考までに…最近一番のリラックス・ピース(自宅です)↓
画像


日頃から思っていることなんですが、ピースは私のことを’アネゴ’だと思っている節がある
’慣れない場所でもアネさんいれば怖いものなし’と思って気が大きくなる傾向がある
動物病院・診察台ではそれが顕著
アネさん(私)が保定すると落ち着くどころかウロウロしたり私に登り始めたり…完全に逆効果なんです
いつも先生に「ピースちゃんが甘えちゃうので、アネさんは待合室で待っていてください」と言われてきていたんです

しかし、アネさんが近くにいなければ小心者なピース
20~30㎝距離があるだけで震えることしかできず固まっている…
おかげで大人しく診察を受けることができ短時間で終わりましたし、間近で診察中のピースを観察することができました
病院でのピースには、体に触れずにただ「目をじっと見てあげる」のが一番良い方法だとわかりました

※お会計を待つ間のピース…もう、外に行きたいというアピールか?
画像


私がいくら悪魔と言ってもね…やっぱり労う気持ちはあるんです
この日は爪切り・肛門腺絞りに加え、年に一回のワクチン接種と外耳炎予防の左耳洗浄(これがピースは一番嫌い)のフルコース
ピースさん、さぞかしお疲れだったことでしょう
※病院での気疲れと小雨の中を散歩したこともあって…自宅に戻った時にはなんだか’切ない感じの犬’に仕上がってしまったピース↓
画像


しかし実は…そんなピースさん、病院からの帰り道、若い女性たちから「かわいい~」なんて言われ囲まれまして…
態度が一変、お尻ふりふり♪結構ご機嫌なご様子
え?そんなんですぐ機嫌は直っちゃう?

私は悪魔だが、ピースはかなりの’小悪魔’とみた

道行く人の優しさは私の遠くから見守るような厳しい愛なんかよりずっと、ピースの癒しにつながるようです


★あ、そうそう!動物病院で良いモノをもらいました~
私の趣味である’手ぬぐい’GET!
画像

これ、可愛くないですか???

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2013年06月15日 10:55
こんにちは。Bonchocoです。
今日はちょっと起きたのが遅めで、家事に飽きるとブログを見たりなど、~ながらタイムをしてます。ピースちゃん、診療台の上怖いのですかしら。ボンショコもある意味怖いのかもしれません。最近はどうも飛び降りるスキを狙ってます。なのでしっかりホテイですね
道行く人に“可愛い”と言われるの、やっぱりわかるんですね。ピースチャン、お散歩が楽しくなるのでは
2013年06月16日 00:09
ピースちゃんの必死な感じ想像できます。
りんも診察台の上では、必死に逃れようと油断するとお猿の様に、肩まで登ってきます(笑)
診察室に入ると、私は関係ありませんって感じで、シラッ~と視線をそらしています。いつもは、もこが一番、二番がりんだったので・・・これからは一番なので、ドキドキタイムは短くなりますね。
最後の写真の濡れてしまったピースちゃん別犬ですね~とほほ顔にキュンとします
手ぬぐい可愛いですね~いいなぁ~
emi”sコレクションの仲間入りですね。
2013年06月16日 02:08
Bonchocoさんへ
家事をしっかりされながらも、ご自身のペースで土曜日を過ごされたようですね。ステキ!
ボンショコちゃんは’飛び降りようとする派’ですか?ピースにはその勇気すらないんで、’固まる派’です 犬もそれぞれですよね。
’可愛い’という言葉にピースはとても敏感です。今日なんて…散歩中後ろを歩く二人組の会話に’可愛い’のワードが出た途端(ピースのことを言っているわけじゃないのに)、振り返って「私?」っていう顔を見せていた…自意識過剰なピースに私が恥ずかしかったです。。。本犬は可愛がってもらえること、それが散歩中の楽しみの一つだったりするんでしょうけどね
2013年06月16日 02:24
もこりん母さんへ
病院でのりんちゃん、ピースと似てます。
そう!肩まで登ってきちゃうんですよ~、おんなじです。
病院では愛犬を構わないというのも大事なんですね。うん、私もこれからそれで行こうと思います
雨に濡れたピース、ちょっと雰囲気が変わるんですよね…ちょっと’可哀そう’な感じになるんですよ
てぬぐい、ご自由にどうぞコーナーにあったんで、「ホントにもらっていいんですか?」なんて訊いちゃいました。こんなところで、emi’sコレクションが増えるとは♪得した気分でした。
2013年06月16日 02:27
こんばんは(*^^*)

ピースちゃん、大変な1日だったのですね。

動物病院はだめで、サロンは大丈夫なわんちゃんが多いですが、トリミングでも同じような台に乗るのになんでだろう?
と考えてみました。
やはり動物病院のあの消毒の匂いがみんな嫌いなのですかね。

そういや先日モモは、あまりにも病院が怖かったようで、台の上で肛門絞りの中身をボタボタと垂れ流し…臭いやら恥ずかしいやらで大変でした…。
拭いても拭いても臭くて…次のわんちゃんには、ほんと申し訳なかったですf^_^;
2013年06月17日 02:33
kaoriさんへ
サロンは大丈夫というワンちゃんって多いんですね。そうか…確かに’痛い’とかそういうことはサロンでは経験しないですもんね。。。ピースの’診察台恐怖症’は…以前受けた外耳炎治療の耳洗浄に始まっているように思います。外耳炎がひどくなるまで気づかなかった私が悪いんですけどね…

モモちゃん、怖かったんですね…肛門腺の匂いは飼い主としては気になりますよね。でも、ワンちゃんはお尻の匂いを嗅ぐのが挨拶だったりするし…きっと次の方とそのワンちゃんはkaoriさんが気にするほど気にならなかったんじゃないかと思いますよ。私なら…前のワンちゃんの匂いに気づいたとしても、全然気になりませんから♪
2013年06月17日 23:07
こんばんは~
ピースちゃんでも震えちゃうんですね~。でも、ちゃんと信頼関係を築かれているみたいで羨ましいですよ~。ウチは病院の駐車場についた瞬間からハンパない震え方なのです。「もう馴れてもいいジャ~ン」てウチのワンちゃんたら、スタッフさんに言われる始末で…これ以上登れませんよってほど肩によし登ってきます(笑)
ピースちゃんはちゃんとわかっているようですね~自分が可愛いって手ぬぐいもいい感じですよ♪
2013年06月18日 04:14
またまたコメントすいません。
モモの件でお優しいお言葉ありがとうございました(*^^*)

ピースちゃんの病院嫌いは外耳炎の影響だったのですね!
なかなか耳の異常は気づかないものですよね…
みんながみんなモモみたいに耳が大きいと見やすいですが…。
特に垂れ耳ちゃんは注意深くみないとなんですね!
チコもこれからは注意しておきます。

しかし動物病院、最近サービスがいいなぁとは思ってましたが
(散歩バッグくれたりカレンダーくれたり)
手拭いまでくださる時代なのですね!!
ありがたい。
しかも柄も可愛く、これは嬉しくなっちゃいますね(*^^*)
2013年06月19日 00:35
でこみんさんへ
こんばんは
ピースとのこの関係も信頼関係といえるのかな?甘えっこなんですよ
ライトくん、勘が鋭いんですね!そしてやっぱりよじ登ってきますか?よじ登るのってうちだけかと思ってましたが、似たような家庭もあるんだなと知るとなんだか心強い気持ちになってきます!
ピースは「かわいい」という言葉が大好物なんです。相手が犬だと挙動不審なくせに、人間にはちゃんと’いい顔’して寄っていくから…ホント小悪魔です
2013年06月19日 00:51
kaoriさんへ
とんでもない、大歓迎です

そーなんです、ピースにとって外耳炎治療は’ビックリ’と’痛い’とで、それがものすごーく印象に残ってしまっているようです。
うちのピースもモモちゃんと同じ立ち耳ですが、モモちゃんに比べると耳の内側の毛が長いんです。一度ばい菌が入ると出て行きづらいみたいなんですよね。だからチコちゃんと同じ垂れ耳ちゃんと同じような注意が必要みたいです
ピースは皮膚が弱いので時々耳の中の匂いを嗅いでチェックしてます。夏は細菌には注意ですね

そうそう最近は動物病院で色々いただいているような気がします。製薬会社やフードの販促なんでしょうが、結構可愛いものが多いので嬉しいですね

この記事へのトラックバック