手ぬぐいコレクション

いつからか覚えていないのですが、気づけば私は ’手ぬぐい’コレクター
最近やっと「手ぬぐい用の額」を買いました
初めて飾ったのは…石畳の上に桜
春ですからね~
画像

友人から京都土産でいただいたもの
グレーと薄いピンクの組み合わせは、目にとても優しい色合いです

最近は「ご当地手ぬぐい」をお土産に売っている場面を目にします
大抵1000円程度で購入できるうえ、自分なりの使い方ができる点が土産としては最適
飾るばかりでなく、手ふきとして、茶器を包むため、はたまた半分に切って布巾として…私はさまざまな用途でつかっています
(私も集めて満足するばかりでなく、なるべく使うようにはしていますよ~)


今日は、手ぬぐいコレクションから、ご当地モノをご紹介します
観光地の土産物屋で真っ先に探すのが’手ぬぐい’、そんな旅先で見つけたもの
それに加え、友人からお土産としていただいたものです

福島…あかべこ
画像

会津のあかべこ、大好きなんです!首を振る姿は最高です
ちなみにあかべこグッズではプルバック(よく車型のおもちゃでありますよね?)も持っています!
※会津地方は風評被害を受けていると聞きます…負けないでください!会津観光、喜多方ラーメン・・・また行きたいな~ 

もう一つ、福島…アクアマリン福島(いわき市の水族館)
画像

生き物大好き魚も例外ではありません
これ、魚を正面から描いている点が、お気に入りです
※震災でかなりの打撃を受けたようです…とっても素敵な水族館だったので、心配していました
すぐには難しいかもしれませんが、復興を願っています!


秋田の冬の祭り
秘湯で有名な乳頭温泉に行った帰りに購入
画像

祭りと手ぬぐいはやっぱりしっくりきますね
左上、横手のかまくら祭り、以前行きました!
(もちろん帰りには、B級グルメで有名な横手焼きそばを食べて帰りました~)
色々な場所で大小様々なかまくらが作られていましたが、小学校の校庭に作られたたくさんの小さなかまくら、その中にろうそくが灯る光景は、なんとも幻想的で印象に残っています!
画像

犬っこ祭り…ずっと行きたいと憧れていまして、仙台に住んでいた数年前にやっと行けました!
私の三大極寒体験の一つでもありますが、ふるまっていただいたカレーが美味しかった~
そして、地元小学生の手作りの「犬っこ」(米で作った手に乗るサイズの像)が可愛くて、しばらくテレビ台に飾っていました。
とても素敵な雪まつりでした

奈良
お土産でいただきました
画像

何種類かからランダムに選んで別のものを引いたのですが、「シカがいい~」と駄々をこねて変えてもらいました
手ぬぐい、ご当地モノ、動物、私の好きなものが勢ぞろいです

京都
これがほしくて(当時は仙台から→)京都の高山寺まで行きました
何度かブログでお話していますが、私は「鳥獣戯画」が大好き
画像

(これは手ぬぐいより小さい’布巾’2種類です)

宮城
「竹に雀」

伊達家の家紋は何度も変わっていますが、これが一番好きです
この手ぬぐいの模様は家紋の一部を使ってモチーフにしています
実際の家紋はこれよりもう少し複雑で、微妙に左右が違うんです
伊達男のセンス、さすがだな~と思います
画像

※伊達の旗本’仙台’は私が6年暮らした場所、もともと東京出身で今も東京にいる私ですが、第二の故郷とおもっています
こんな状況でもいつでも元気な言葉を聴かせてくれる、素敵な人ばかりが住む場所です!

私は西洋人が考える’和’のスタイルが好きです
’洋’の生活スタイルに’和’を持ってくること…それは今の我が家でも同じです
それって古来の’和’ではなかったりすることも多々ありますが…
ま、逆に’和’が際立ち、面白かったりします
飾るとなると洋と和のバランスがかなり重要になりますが、日頃使う分にはあまり考える必要がない
洋式の生活にもどんどん和の良い部分を取り入れてほしいな~と思います

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

アキ
2011年04月15日 12:32
手ぬぐい!私の母も集めているんですよ~。竹?で上下を挟んで吊るして鑑賞しています。季節ごとに取り替えていて、大柄が多い。
石畳の桜ステキ!これは小紋で正解ですね。魚もおもしろいですね。ディズニーシーのタートルトークの待スペースにニモの仲間が前方から紹介されているの見たことありますか?思い出しました。正面の魚ってユーモラスですよね。
・前のブログ分で申し訳ないけど、カメの甲羅干し列に驚きました。うちのカメもウットリと干してます。そして歩きながらemiさんを見上げるピースの表情がキュートなこと!
2011年04月16日 02:43
石畳に桜の模様の手ぬぐい,じっと見ていると3Dみたいですね。動物柄もどれも素敵です
ここ何年か,とてもいろいろな色柄の手ぬぐいを見かけます。手ぬぐいばかりを売っているショップもありますね。元々の日本の生活の中で使われていた手ぬぐいがタオルやハンカチに一旦は追いやられる感じになり,また再び見直されて。。。絵柄などが洗練されて今様に進化して,生活の中に戻ってきたという感じかなと思ってます。でも,絵柄が素敵なものはついつい,もったいなくて使えないです
emi
2011年04月17日 00:37
アキさんへ
お母様、お元気でいらっしゃるでしょうか?
よろしくお伝えくださいね
ところで、お母様のように「つるして飾る」というのはまた風情があっていいですね~
大柄のものも持っているので、私もそのうちブログで紹介します!
TDSのタートルトークの待ちスペース、わかります
あれを見た時、私は逆にこの手ぬぐいを思い出していました~
・前回の件
一列に連なった亀の甲羅干し、驚きでしょ~?この時の散歩で一番テンションがあがったのが、あれを発見した時だったんですよ
emi
2011年04月17日 00:46
Bonchocoさんへ
桜模様、確かに3Dみたいですね!
手ぬぐい専門店を見つけると、ついふらふらと寄ってしまう私です。手ぬぐいは’和’なのに、ちょっと’洋’テイストを感じる絵柄なんかも増えていますね!それもまた面白い。
確かに、「見直されてきた」ということはあるかもしれませんね。タオルは肌触りが良いのですが、タオル以外の用途ではなかなか使えません。その点、手ぬぐいは自分なりの使い方ができるのも魅力だな~と感じます
とはいえ、「もったいなくて使えない」という気持ち、私もわかります
2011年04月17日 13:24
石畳の上に桜の手ぬぐい良いですね~
見事です!
すっごくほしくなりましたよ!

乳頭温泉かぁ~
良いなぁ~
入ってみたいなぁ~
emi
2011年04月17日 22:40
とっちゃんさんへ
桜の手ぬぐい、お気に召したようですね!
京都土産にくれた友人、センスがいいな~と、私もいただいた時に思いました♪

乳頭温泉、関東からだとえらい遠いのですが、いつかとっちゃんさんにも是非行ってみていただきたい!
有名な’鶴の湯’でお昼に食べた「山のいも鍋」が美味しかったですよ
2011年04月19日 00:42
ツアーなどでも乳頭温泉に立ち寄るコースもあるんですが、よく見ると鶴の湯だとは限らないとか、別の温泉だったりとかで、なかなか鶴の湯に必ず入れるって保証が付いたコースは少ないんですよね・・・
でもいつかは絶対に行くぞ~
emi
2011年04月19日 00:46
とっちゃんさんへ
なるほど~
私が以前行ったときは、乳頭温泉にかんぽの宿がありまして、そこも露天風呂付だったのでそこに宿泊し、翌日日帰り温泉で立ち寄りました…つまり完全にフリー旅行でした。仙台在住の時だったので、東北には気軽に行けたのが良かったのかもしれませんね
でも、旅行も温泉も食事もお好きなとっちゃんさんなら、気に入る場所だと思います

この記事へのトラックバック