ペットグッズ選びは失敗がつきもの

最近のペットグッズはスゴイ
小さな悩みも解決してくれるもの、全然違う分野の商品をペットに応用したもの、高級なもの…など多様


ただ、ユーザーの評判や宣伝文句も、「一つの情報にすぎない」と捉えた方がいいかも…と、感じたお話し


ケアーンテリアのピースはブラッシングが大嫌い
しかし最近ブラシを変えたところ、ちょっとした変化がありました
画像

目がとろ~んとして、気を許してくれているように見えません 
これ、通っている動物病院にて購入した「ノミとりブラシ」
誰にも相談せず、宣伝用のポップも無く、私の直感で購入
価格200円
画像

プラスチック製でシンプルな作り、おそらく海外生産でしょうね

ちなみに子犬が来たと同時に購入した「ブラシ」
これが、高級 価格2000円程度 桁が違う
「毛がかなりとれる」「こだわりの逸品」「日本製」「プロも使っている」など、お墨付き商品
画像

このブラシは確かに良いものだとわかります

しかし、ピースには大不評 (痛かったことがあったのかも…)
取り出すと急に身構えてしまい、恐ろしいことに、鋭利なブラシと戦おうとする
こういう時は臆病ピースも勇気を出すから厄介です…

結論 ブラッシングが下手な私 × 嫌なことに敏感なピース 
            = 高級ブラシはうちには適さない

飼い犬の性格に加え、自分の技術や性格も考えないと、「いい商品」にはめぐり合えないと痛感した出来事でした

いや~お値打ちブラシはいい買い物だったわ~
画像



思い返せば…以前の飼い犬ジャックラッセルのチャンスが子犬の時も、私は情報に左右されていました
★「犬が嫌いな音と一緒に’ダメ’と叱る」
ファイト精神に火をつけてしまい、余計に暴れ出す事態に発展
★「噛まれたくない家具などに!犬が嫌がる匂いスプレー」購入
確かに犬が近寄らなくなった…ただ私にとっても嫌な匂いだった
あの匂いに囲まれての食事(←人間)は、本当にキツかった…


しかし
私はチャレンジャーなので「ダメ元」精神で、これからも色々な商品を試します
そもそも子犬を飼うことは’想定外の出来事’の連続
失敗は少ない方が良いに決まっていますが、失敗することで、飼い犬と自分自身への理解が深まるなら損はないかな~

ま、私のこの話も、あくまで「情報の一つ」ってことで









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2010年10月17日 18:30
わかりますー。ペット用って書いてるから絶対ってことはないですよね。
我が家では豚毛か猪毛かのブラシは人間用を買ってます。
なぜならお安いから。
同じ材料100%で作ってても、なぜか犬用になると値段も高いしサイズも少ない。
知り合いのトリマーさんに、人間用がいいですよっていわれて買いました
あと人が食べないでって書いてあるおやつもこわいですよね。。。
めんどくさくても冷蔵庫に入れて早く食べてって書いてるのにしてます
emi
2010年10月21日 22:24
うしみわさん、コメントありがとうございます
おっしゃる通りです~
同じような素材の商品でも、何故か「人用」より「犬用」の方が高い時がありますよね
トリマーさんのアドバイスが為になりましたね
おやつについても同感です♪

この記事へのトラックバック