子犬ピースの初カット

愛犬ピース
現在生後7カ月と少し
初めて被毛のカット、いわゆる’トリミング’を体験しました
画像

足裏もすっきりさせたんです

今となっては早く切ってあげればよかった…
夏の暑い中、ボッサボサの毛皮をまとうのはつらかったことでしょう
ごめんね…ピース


これは、カット前日(9/21)の様子
私が一目惚れした黒い毛とも、お別れ覚悟の日です。
画像

ぼさぼさです
目の上の毛が「バブル期の女性の前髪」みたいなので’森高ピース’ちゃんと呼んでいました
画像


さて、カット当日
トリマーさん→「ケアーンテリアは初めて」
こちら→「愛犬のカットそのものが初めて」
初めて同士で色々話しあいましたが、話しているうちに混沌としてきてしまいました

しかし、こういう時の私の決断は早い…毛は伸びるもの!
「あとはお任せします」
とても中途半端な言葉を残し、ピースを預けました



…で、どうなったかというと…カットした翌日(9/23)の写真をご覧ください
画像

さっぱり~

体から毛の黒い部分はすっかり無くなりました
口元の模様…大好きな’カールおじさん’的な輪っかヒゲ模様も無くなりました。
でも、若干黒が混じってグレーの’ドロボー’ヒゲに見える
これはこれで、ピースの生後2か月のころを思い出してニヤニヤしました
(ピースの生後二か月の様子は、過去のブログをご覧ください)
画像

顔のまわりのグレーは、黒とウィートン(小麦色)のマダラです
画像


お願いしたトリマーさんには感謝です
様子を聞いてみると、結構暴れたようでした

言われてみれば、カットから帰ったピースは憔悴していました
やけに大人しいんです
雰囲気も違う
なんだか、別’犬’みたいで、照れくさい対面でした


さて、カットから16日後(10/8)のピースはこんな感じです
画像

若干、毛も伸びたように感じていますが、写真で見るとあまり変わりがないですね

カットしてみると、表情がはっきりとわかる
目やにも減ったし、飼い主としては手入れが楽になるというメリットがありました
しかし、「毛を刈ったところで、本質=内面は変わらないもの」という、当たり前の感想が一番感じたことです
でも、犬も人と同様、気分と感覚は違うのかもしれませんね
ピースが人間の言葉を話せたなら、聞いてみたいことの一つです



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2010年10月09日 16:47
初カット後のピースちゃん、かわいさいっそうアップですね。
黒い毛がなくなっちゃいましたね。
でもきれいなウイートンになったんですね。
子犬のときとはどんどん変わるので楽しみですね。

森高ピースだったの?
るぱんはチェッカーズと呼んでたわ。
カットでちょっと雰囲気も変わるのでこれからもいろんなのチャレンジしてみたら
emi
2010年10月12日 04:22
うしみわさん、お誉めの言葉を有難うございます (ピースもそんな表情でこちらを見ております
おっしゃる通り、すっかり’ウィートン’な犬になりました…見慣れるものです
確かにこれからは、雰囲気を敢えて変えるのも楽しいかもしれないですね~

ところで、るぱんくん…毛色が黒っぽいから、確かに’チェッカーズ’かも♪ 納得です

この記事へのトラックバック