血統書の楽しい見方

こんにちは emi です。

つい先日、待ちに待っていたものが自宅に届きました

愛犬ピースの血統書です。

昔は「血統書付きの犬」というと、なんとなく高級なイメージがありました。

しかし、近年、犬種を決めてから購入することが主流になり、血統書付きの犬を飼うことが一般的なこととなりました。

さらに、意図的に違う犬種を掛け合わせたミックス犬もブランド化されてきたりもして、血統書を重んじる風潮はますます薄れてきたように感じます。


しかし、私は書類そのものを楽しみに、首を長くして待っていたんです

調べたかったことが2つあったんです。


★その1 両親の毛色

画像



ケアーンテリアは個体によって体の毛色が様々です。

見た目で判断しづらい種類かもしれませんが、それが味であり個性。

ピースの場合はウィートン(小麦色)に分類されます。

ただし、完全な小麦色ではなく、現在毛先だけが黒っぽい。

なぜそういう不思議な毛の構造になるのか、また今後どう変化するのか…

そのあたりのヒントを血統書から想像してみようと楽しみにしていました



届いた血統書を見てみると…

母さん犬はウィートン家系、お父さん犬はブリンドル(様々な色が混じり合う毛色)家系だとわかりました。

ピースの場合はお母さんの毛色が強いようで、人間で言うところの…お母さん似。

このまま成長すると、私の愛する 「カールおじさん髭模様」 は姿を消すことになるかも。

ちょっとさみしいですが、今のうちに’黒い部分’を沢山写真に収めておきたいと思います

画像



★その2 一番知りたかったこと…

何匹兄弟の何番目かということです。

私の考え

最初に生まれた子は体格が良いので、兄弟の中で先頭を走ることが可能だろう…

逆に末っ子は、みんなについていこうと追いかける姿が目に浮かぶ…

犬種としては、’独立心旺盛で勇敢で大胆’と言われるケアーンテリア…

それなのに、慣れない環境では臆病になる「内弁慶」な愛犬ピース…

と、まあ、色々考えを巡らせた末…

「きっとピースは’末っ子’なんだ!先頭に立つタイプじゃないんだ!」と勝手に考えておりました



さて書類を見てみると…

3匹兄弟姉妹の末っ子


大正解



なーんだやっぱり末っ子か…

これまで「もうしゃきっとしなさい!!」とピースに対して思うこともあった私

今後は「成長を急がず、これからに期待かな」と、ある意味’良い諦め’ができそうです。

無茶な論理でもいいんです…

自分が納得できる理由があれば…過度な期待や厳しさを少し抑えて、おおらかな気持ちで見守ることができるはず


そんな風に一歩引いた目線で見れば、あら不思議

トイレシートで遊ぶのはともかく、甘えっ子な目や表情がかわいいと、良い部分も見えてくるものですね

画像



ちなみに、以前飼っていたジャックラッセルテリアのチャンスは、6匹兄弟姉妹の一番上(オス)でした。
画像

理不尽な攻撃に屈することなく、また危険を顧みずに行動する勇敢な犬でした。
彼には根っからのリーダー気質を感じていたので、’長男’はものすごく納得の結果です。


※兄弟情報については、血統書の「一胎子登録番号」という欄で確認しました。
ピースの血統書には「00112-00114/10」と記載があり、本犬は00114/10でした。
生まれ出た順に番号を付けるのが通例だそうです。
そうなるとピースは3頭中3番目…末っ子です。
(通例から外れて番号を付けていれば私の読みは外れたことになります。)

画像




★おまけ…犬名

血統書の一番最初に、「犬名」という項目があります。

ブリーダーさんが付けた個体名+屋号(≒姓)が記載されています。

いわゆる「犬の姓名」ですね。

あまり気にしていなかったのですが、これがびっくり

今回一番驚いた

その個体名を見てみると…なんと…


EMINENT(エミネント)


画像



初めに珍しく私自身が自己紹介したのはこの話がしたかったからです


emiが飼うEMINENT…


1枚の書類からなんだか運命を感じました



※ちなみに血統書とは、こんな書式で、3代の家系図となっています。
(2010年2月生まれのピースのものです)
画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ピースケjavascript:putEmoji2(
2010年08月02日 23:42
こんばんは。

血統書って初めてみました。
我が家の姫様にも血統書があるのかなぁ?

しかし、ピースちゃんはまた顔が変わったような気がします。
ひげ、残ると良いですね。javascript:putEmoji2(%22ほっとした顔docomo%22,%20object_id%20)

なんの脈略もないのですが、「エミネント」と聞いてアルプスの少女ハイジが「アーデルハイド」と呼ばれていたのを何故か「ふと」思い出してしまいました。javascript:putEmoji2(%22冷や汗docomo%22,%20object_id%20)
emi
2010年08月03日 01:35
ピースケさん
コメントありがとうございます~
確かに、ピースは顔がどんどん変わってきていると思います。
髭模様部分なんて、水を飲んで濡れると垂れて仙人みたいになることがあります

アーデルハイド…ロッテンマイヤーさんだけが言ってましたね。
でもなんだか印象的。
ということは、ややもすれば私もロッテンマイヤーさん?
笑いました~
うしみわ
2010年08月03日 08:58
血統書とどいたんですね。うちも届いたら穴のあくほどみちゃいました。最近はネットで親戚さんさがしもできるみたいで、なんだか楽しいですね。
しかし!emiさんのかってるエミネントなんて。すごい運命ですね
ひびきもおしゃれだし。。るぱんなんて<ドレイク>だったのでなぜかショックでした

ケアンの毛色は変化するのが楽しみなので、いっぱい写真をのこしておきましょうね。
今は全然ちがういろでも、いつかピースちゃんとるぱんがおんなじ色になったりして。。。そりゃむりか。
2010年08月05日 00:22
うしみわさん、コメントありがとうございます。
るぱんくんは「ドレイク」くんでしたか。
それも素敵だと思いますが、イメージと違うとって「?」と思う気持ちはわかります
しかし、うちのエミネントには驚きました…

犬って毛色や模様で印象が変わりますよね?
今後を楽しみにしたいと思います
るぱんくんと同じになったら、なんだか面白いかも

この記事へのトラックバック