チャンスとピース

アクセスカウンタ

zoom RSS 淡路島〜鳴門 旅@:まずは神戸へ

<<   作成日時 : 2018/05/28 03:36   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

一か月前に書きかけて、すっかり放置だった「旅行記」 やります
4月下旬(GW前)、 3泊4日で「東京⇒神戸⇒淡路島⇒鳴門⇒和歌山」の旅 に出ておりました
※主人は現在、和歌山に単身赴任中、てなわけで’新神戸駅’で合流

一緒に向かった最初の観光地は、新神戸駅至近の 『竹中大工道具館』 です
画像

https://www.dougukan.jp/
日本の建築の歴史や道具の特徴と変化を、分かりやすく展示しています
体験コーナーもあったりして、これが結構面白いのです
画像

木という生き物の特性を存分に活かした方法や、力学的に工夫された道具たち、果ては棟梁の後進育成の考え方まで…と、全てが奥深い
※「釘を使わないってすごい」 例として置いてある組み木…パズルみたいで「外してみる」ことに夢中でした↓ これ、パズルだったらかなりの難題です…
画像

※昔の鍛冶屋さんのジオラマ↓
画像

訪れた時は、ジブリ映画を建築の観点から紹介する特別展もやっていました
映画を違う切り口から眺めてみるのも、楽しい体験でした


ここに2時間ちょい滞在、夕飯まで少し時間があります
てなわけで、元町・南京町(中華街)をぶらぶらする
画像

で、元町で気になるお店を発見
カウンターのみ8席の 「ぎょうざの店 ひょうたん」 にふら〜っと入ってみる
画像

どうやら老舗のようです
画像

無造作な盛り付けですが、外はパリパリで中はジューシー♪
しかも、お安い
店内は地元のサラリーマンの方が、テイクアウトは女性が多かったかな。。。


さてさて、神戸で一番楽しみにしていたのは「神戸牛」の夕食
今回は、「神戸牛のハンバーグ」に拘ってみました
ステーキなら、お金を出せば東京でも食べられますが、神戸牛をわざわざミンチにする店は少ないですから。。。

予約をして行ったお店は、元町にある 「グリル キッショウ」
ハンバーグと赤身ステーキの両方が楽しめるコース(4500円 税別)を予約していました
画像

※わざわざ、神戸牛の証明書とお肉を見せてくれて、その後調理してくださる↓
画像

赤身は、とても柔らかい
噛むごとにお肉のしっかりとした味わいが口の中に広がる〜
ハンバーグは、おそらくツナギを使っていない…ふわふわです
画像

店内は一見カジュアルな雰囲気ですが、でも、配膳のタイミングがよく、接客がしっかりとしている印象でした
また行きたい

その後は、宿へ〜
「オテル・ド・マヤ(摩耶)」
元町からおよそ1時間…道中のほとんどが’山道ぐるぐるぐるぐる’な感じでした
画像

到着し、’建物を見て’そして’部屋に入って’…私も主人も同じことを言う
「スイス・マイエンフェルト(ハイジの村)の宿みたい」
過去に訪れたそのスイスのホテルを思わせる雰囲気が、また素敵でした♪
※ちなみに部屋からは、少し夜景が見える
画像


…半日の兵庫県・神戸 観光…結構 充実
翌日は、同じ兵庫県でも海を渡り、念願の淡路島へ行きます

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
日本にマイエンフェルトがあったとは!
あのホテル、シンプルであれはあれで良かったですよね。チーズとパンが美味しかったなあ。
相変わらず、なかよく美味しくて楽しい旅をしてらっしゃいますね〜うらやましい!
アキ
2018/06/02 09:30
アキさん、こんばんは♪
懐かしや〜の’マイエンフェルト’ですね
我が家でも、あのスイス旅行は未だ話題に挙がる思い出深いものです。
確かに…あのハイジ?ホテル、素朴で良かったですよね〜
神戸も六甲など山に入ると、ちょっとスイスっぽい感じでした。んー、地元からほど近い高尾山とは、なんだか違う感じ
アキさんへ emi
2018/06/04 02:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
淡路島〜鳴門 旅@:まずは神戸へ チャンスとピース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる