チャンスとピース

アクセスカウンタ

zoom RSS クリームダウンしません?〜日本茶・水出しアイスティー

<<   作成日時 : 2017/08/22 05:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 8

7月は外で色々な人に出会える仕事が多かったのですが、打って変わって8月は、自宅でのこもり仕事ばかり
飲み物を変えて、気分に‘変化’をつけています
てなわけで、今回は久々の ‘お茶ネタ’ です
「アイスティーの色が濁って見えたことありません?」というお話

★愛犬・ピース↓犬には届かない場所に茶葉は保管しましょう(元犬で苦い経験アリ)
画像


これ、 ‘クリームダウン’ という現象です
熱湯で淹れた紅茶をゆっくり冷やしていくとよく起こります
(注:水の硬度が関係する場合もあり)
タンニンとカフェインが結合して結晶化して白く濁るだけで、体に悪いわけではないのですが…見た目の爽やかさは半減

紅茶の場合は、最初から低温でじっくりの‘水出し’か、熱湯で淹れて氷を注ぐ‘急激に冷やす’方式で避けられることが多いです
画像



が!
なぜなんだ
「水出し日本茶」でも、起こるんです
自分は何度も経験していますし、お茶の専門店で働いていた時にお客様から相談を受けたこともあります

思い返せば、それは、春に摘まれた「新茶」など、お高め・良質のお茶で起こることが多いような

ここからは私の予測ですが…
そもそも春の新茶は、カテキン(タンニンの一種)もカフェインの両方が豊富に含まれているので、結合して結晶化する量が多いのかも??

じゃあ、家ではほとんどやらない「熱い温度で淹れて急激に冷やす」方式アイス緑茶でも作ってみるか!

と、まぁ、実験的な気持ちでやってみました

★茶葉は普通の量ですが、熱湯半分の量、浸出時間はだいたい同じで1分前後
画像



使った茶葉は、5月に買った新茶、 屋久島産の’あさつゆ’
(注:‘あさつゆ’は茶の品種名、これについては後で追記します)
画像


透き通った鮮やかな緑色のアイスティーができました

…が、これは正解だったのか

美しい水色(すいしょく)、爽やかで適度な刺激は良いのですが…
‘あさつゆ’最大の魅力である‘甘み(うま味)’が、奥ゆかしく存在している感じの仕上がりになってしまった
画像

考えてみれば、そりゃそうだ
高い温度で淹れれば、「テアニン(甘み要素)<カテキン(渋み要素)」になる
その後、冷やそうが同じこと
ちょっと勿体ないことをしたなぁという気持ちになりました


★さてさて、ちょっとだけ、今回のお茶’あさつゆ’の話を。。。
日本茶にはたーくさんの品種が存在しますが、’あさつゆ’はその一つ
’天然玉露’といわれるほど、甘みが強いのが特徴!
(玉露ではありません、あくまで煎茶)
また、産地・屋久島は霧が多い土地なので、栽培条件もナイスなんですよ〜♪


まぁ、味をとるか、色をとるか…紅茶ならこんな悩みは抱きません…日本茶ならでは…
次からは、日本茶については味をとることにしました
王道のやり方(60〜70℃のお湯で甘みを出す方向)で淹れ、冷房が効いた部屋でいただこうと思っています。。。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
冷たい日本茶はほとんど飲まないのですが、紅茶ではその白く濁る現象に度々遭遇しました。
クリームダウンと言うのですね。初めて聞きました。コップが汚れていたのか?と思って何だか飲む気が失せてしまっていたのですが、これからは安心して飲むことができます(笑)

どの緑茶をどんな方法で淹れるのが一番美味しい冷茶になるのか… お茶好きならではの楽しみいですね(^^)
うずら
2017/08/23 15:15
こんにちは。
冷茶にこだわりを持っているのですか。
淹れ方によって味が左右されるのですね!
私は暑い夏でもホットなんですよ!
汗をカキカキ飲んでいますぅ(^_-)
ぷりめいら
2017/08/25 16:55
クリームダウンというんですか。
名前を知ると、ああ、それそれと
思い当たる事がありますね。
冷茶も入れ方次第で、そんなに
味が違うのかと感心してしまいました。
yasuhiko
2017/08/25 17:42
紅茶好きなのに、クリームダウンという言葉は初耳です。
もっとも、冷たい飲み物はグビグビと飲んでしまう性格なので、味わう暇がないのがいけないのですね。

emiさんのお茶の楽しみ方、禅の世界を思い起こします。
その奥深さと精神性が。

ところで、ピースちゃん久しぶりの登場〜❤️
カミナリゴロゴロは大丈夫でした?
以前お住いのところでは風の音にびくついていたようですが、新居ではいかがでしょう。
くっきぱぱ
URL
2017/08/26 00:40
クリームダウン経験者でしか。。。
あの白濁は、なーんか、気になりますよね。
ただ、濁っているように見えるだけで、飲む気持ちがダウンしますよね。
安全で味には影響ないので、その点は大丈夫です。

緑茶は他のお茶に比べると、ちょいと繊細な印象。
だからこそ、どう淹れたらいいかな〜と扱い方を考えるんですが、その時間が、結構楽しいです。
愛犬ピースとの関係みたいです(笑)
うずらさんへ  emi
2017/08/28 04:49
おお!夏もホットですか?
イイですね〜♪
冷茶は便利なので絶やさないよう毎日仕込んでいますが、この場合、味ってあんまり関係なかったりして。。。
やっぱり、ホットが一番、お茶を楽しめる気がします。
そうそう、同じ日本茶でも、淹れ方(特に温度)で味が変わるんですよ。
お友達関係と同じかもしれませんね(笑)
今日のやり取りと、昨日のやり取り、何が要因かわからないけど、なーんか違う感じ。
それが、面白いんですけどね〜♪
ぷりめいらさんへ emi
2017/08/29 05:38
感心だなんて、恐縮です。
「クリームダウン」、ピンとくる経験がおありでしたか。。。
出来上がり状態の見た目問題でしかないのですが、なーんか気になっちゃう現象のお話でした。
日本茶の場合は、淹れ方で味が大分変ります。
そのちょいと面倒くさい点も考えようによっては、魅力に感じたりして…人間に対する思いと一緒だったりして(笑)
yasuhikoさんへ emi
2017/08/29 05:48
禅の世界なんて…恐縮・恐縮・恐縮…です。
でも、お茶ネタへの期待を伝えてくださっていると、勝手に受け取りますね(笑)
ありがとうございます。
クリームダウンは単なる化学反応なので、気にならない方はぜーんぜんそれでよいと思いますよ♪

愛犬ピースの近況報告を怠っていましたぁ。。。
雷。「ゴロゴロ」レベルではなく、先週は爆音「バリバリ」レベルでしたね。
それはどうもすごーく苦手なようでした。
7年以上一緒にいますが、新たな版権でした。。。
くっきぱぱさんへ emi
2017/08/29 06:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
クリームダウンしません?〜日本茶・水出しアイスティー チャンスとピース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる