チャンスとピース

アクセスカウンタ

zoom RSS 自然の力! 新潟「雪室こめ茶」

<<   作成日時 : 2017/06/24 04:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 9

更新が1か月も止まっていたとは
そして、年初に掲げた「今年は‘お茶’ネタも積極的に書こうと思う」ということも、滞り気味…
いかんいかん…ということで、久々の更新は お茶ネタ 
初めて出会った、自然の力を借りたステキな日本茶のお話です
画像


このところ、珍しく東京⇒新潟県での仕事が何度かありました
先月、その名前に惹かれて新潟駅で購入した 「雪室(ゆきむろ)こめ茶」 

ごく簡単に言うと、‘抹茶入り玄米茶’なのですが、実に新潟県らしさが詰まったお茶でした
お土産には最適

冬に積もった雪を利用した天然冷蔵庫(気温0度・湿度100%)で貯蔵してから市場に出す
玄米は、もちろん、新潟県産コシヒカリ
画像


もともと春の新茶を低温で寝かせた、秋に出回る‘蔵出し’のお茶が好きなんです
蔵出しは、香りは新茶のように強く、けれど、味はまろやかなものが多いです
でも、今回購入したのは単なる蔵ではなく‘雪室’での貯蔵
雪国・新潟ならではの自然を活かした方法に、なんだかロマンを感じましたぁ

この日は、水出しでいただきました
画像


飲んでみて驚いたのは、最初に玄米の香りがガツンとくるところ
私が飲んできた抹茶入り玄米茶は、大体が抹茶の香りが前面にでてくることが多かったかな

これは、違う
まず、玄米の程よい香ばしさが口を通して鼻に抜けていき、その後に口の中に抹茶の味が充満する感じ
一口で二度楽しめるお茶でした
(当たり前ながら、抹茶って、やっぱり茶葉を挽いたものなのね〜と改めて実感)
見た目=水色(すいしょく)は薄く見えるのに、強い存在感を放っていました

画像

水出しでここまで香りを楽しめるのも珍しい…温かいお湯で淹れたらもっと?
楽しみ

余談ですが…

日本茶の‘経済的北限’は、新潟の「村上茶」と言われています
私はまだ一度も体験したことがない、憧れの日本茶
今回、それを探したかったのですが、時間が無く…断念
でも、その代わり、思いもよらぬステキなお茶との出会いがあったので、結果オーライの大満足です

日本茶は、全国に色々ありますが、それぞれに特長がある
本当に奥が深く、私の探求心を掻き立てる存在
春の新茶もそろそろ出回りますね〜
これもまた、楽しみです


※今回の写真の中に愛犬・ピースが写り込んでいます
ちょいと久しぶりの「愛犬ピースを探せ」…今回は簡単に見つけられたと思います(最初の写真にばっちり写ってますね)
ということで、最近のピース↓熱いタイルの上でわざわざ日向ぼっこ中
画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
氷を浮かべた水出しの「雪室こめ茶」。
実に涼しげですね。雪に閉じ込められる
新潟ならではのアイディア商品、
とても魅力的だと思いました。
日本各地の珍しいお茶を発見したり、
現地を訪ねたりしたら面白いでしょうね。
yasuhiko
2017/06/24 14:33
日本茶には疎いし滅多に飲まないのですが、日本茶の中では抹茶入り玄米茶が一番好きです。とても良いモノを教えてもらえました。ネットで探してみようかな(#^^#)
で、冷たい日本茶、これからの暑い時期にピッタリですよね。このお茶の水出しって茶葉に水を入れただけなんですか?
うずら
2017/06/26 14:09
新茶の季節は、やはりemiさんのブログに行き着きます。
お茶の話題が出るたびに思い出してしまうほど。
「雪室こめ茶」は初耳です。

なんでも採りたてが一番と信じている人もいますが、味や香りが馴染むまで時間が必要なこともあるのですよね。
妻が手作りカレーを作るのですが、これも2、3日おいた方が美味しくなります❤️

これからもお茶の知られざる魅力、発信してくださいね。
くっきぱぱ
URL
2017/07/01 11:24
コメント、ありがとうございます
本当、雪国ならではのアイデアに脱帽です。。。
東京に入ってくるお茶は似たようなものが多いので、旅先ではついついご当地モノを探してしまいます。
が、それも楽しかったりしています♪

yasuhikoさんへ emi
2017/07/02 03:21
コメント、ご質問、嬉しいです♪
ありがとうございます
抹茶入り玄米茶、良いですよね〜。
ホットもアイスもいける万能なところも魅力に感じます♪

水出しアイスティーは、ご質問の通りで茶葉を水に入れただけ、但し、数時間かかります。
私は夜寝る前に仕込んで朝茶葉を取り出すようにしています。楽だしお財布にも優しいのでお勧めです♪
良かったら参考にしてください↓(2010.5の私のブログです)
http://chancepeace.at.webry.info/201007/article_5.html


うずらさんへ emi
2017/07/02 03:28
お茶から私を思い出していただけるなんて、光栄
励みになるようなコメント、ありがとうございます♪
新茶を飲むと一年健康に過ごせる…という言い伝えがあるので、新茶を楽しみにしている方は多いんでしょうね。
実際、春の新茶は爽やかで香りも高いから、私も楽しみなんですが。。。

寝かせたカレーは美味しいですよね〜
お料理上手な奥様の手作りなら、なおさら。
味の変化が楽しめそうです♪

くっきぱぱさんへ  emi
2017/07/02 03:36
水だし米茶、涼しげかつ美味そうです。
更新が1か月ぶり、かつ年初の誓いも滞り、
自由な感じが肩の凝らない長所とお見受けしました〜。
ピースちゃんも、変わらず可愛いです。
ROKO
2017/07/17 23:26
水出しのお茶は、夏の食事の良いお供となっております♪
ピースと私に向けての温かなコメント、ありがとうございます
適度に頑張り、適度に息を抜く…最近身に着けた力かもしれません
でも、昔よりちょっと時が過ぎるのが早く感じてたりして…年を重ねた証拠ですかね〜
ROKOさんへ emi
2017/07/19 01:05
Thanks for finally writing about >_R__I@Vチu__v `_X_s[X/EFu_u_O <Loved it!
Sharron
URL
2017/08/19 18:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
自然の力! 新潟「雪室こめ茶」 チャンスとピース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる