チャンスとピース

アクセスカウンタ

zoom RSS 美しい精進料理・高野山:2017.4和歌山旅2

<<   作成日時 : 2017/04/23 00:44   >>

ナイス ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 6

4/1の高野山、ここで体験したかったことが二つ!
お寺での’精進料理’と’写経’
どちらもおすすめです!
一番大きなお寺は金剛峯寺ですが、その周辺で精進料理をいただけるお寺さんが複数あります
今回、「遍照尊院」で、精進料理をいただいた後、写経をしてきました

てなわけで、シリーズ2回目:東京⇒和歌山(3/31-4/3)旅
前回は、’高野山の麓から山へ向かう道の幻想的な雰囲気がステキ’という話でしたが、今回は精進料理のお話で、少し写経についても触れたいと思います


★精進料理、盛り付けが美しかったぁ↓
刺し身こんにゃくの下に透けて見えるオレンジフルーツと、酢味噌の色がなんとも鮮やか
画像


さて、お料理写真から紹介とフライングしましたが、お寺の門をくぐるところから話を始めます…

★「遍照尊院」↓
画像


お坊さんが席に案内してくださいます
(次々お料理を運んでくださるのもお坊さんでした)
画像


前日(3/31)に降った雪が木々に残っている…そんな景色を眺められる席

★最初に用意されていた料理↓奥に雪景色、見えますか?
画像


★ご参考:前回の記事でも紹介しましたが、ここに至るまでの景色はこんな感じの山道でした↓
(雪は降ってはいないが、積もっている)
画像



さて、お料理
予約したコースは一人5400円 (税込み)→多分、品数が一番多いコース
’たらふく食べたぁ’という印象でした
★こんな感じで始まりましたが…
画像

★完食した我々のテーブル↓二人分…結構な皿数になってましたぁ
画像


どのお料理で終わりか全く読めないまま、バリエーション豊富な野菜・豆料理が次々と出てくる…
予想していたより量が多くて、びっくり!
でも、目に楽しいし、おいしいし、もたれないしで、ぱくぱく笑顔で食べきっちゃいました


さて、この後、 本堂に通していただき、そこで写経し、奉納してきました
写経は、般若心経が薄字で印刷されている一枚の紙に、筆ペンを使ってなぞるというものです
が、筆ペンがかなり柔らかいので、自分の癖が文字に現れやすいのです

気軽に書き始めたものの、次第に他のことを考えなくなり、集中していた…
半分くらい来たところで、「体に力が入っているなぁ」とか「最初より’はらい’が雑になっているなぁ」とか「姿勢わるっ」とか、思ったりして…
気づけば、自分と向き合う良い時間になっていました
(ちなみに、主人は30分、私は40分くらいかかりました)
’静かに集中する’という点は趣味のヨガと似ていて、こういう時間が私は好きなんだなぁと感じました


★訪れた「遍照尊院」枯山水のお庭↓
’雪の波紋’というのは初めて見ましたが、とてもキレイでした。。。
画像



遍照尊院のお坊さんがおっしゃっていました
「高野山の桜は5月が見頃ですよ。」
青森県の弘前と一緒?びっくり
「今は梅で、今日にも咲きそうだったけれど、昨日(3/31)の雪で難しいかなと、住職も残念がっていた。」とな。
自然を通して四季を感じるのはステキなことだけれど、自然は時に厳しいものですね


冬と春の間の高野山で、様々な’こころ体験’ができました


…って、まだ、もうちょっと続きます
次は、「奥の院」「金剛峯寺」をご紹介したいと思います

注) 高野山の精進料理や写経は、どこのお寺さんでも予約が基本のようです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
冠雪した景色、ステキですね。
高野山での精進料理&写経。
心が洗われる旅とは、こういうことなのですね。
煩悩のかたまりで、まるで落ち着きのない私には無理かなぁ。
くっきぱぱ
URL
2017/04/24 00:57
「雪見酒」ならぬ「雪見精進料理」。
美味しそうだし、とても趣がありますね。
高野山で写経したら、この世の汚れも
みんな洗い流されそうです。
枯山水の庭の「雪の波紋」は最高です。
yasuhiko
2017/04/28 13:55
良い季節に行けたなぁと思っています。。。
落ち着きがなく煩悩ばかりなのは私の方です
だからこそ写経はとても良い体験になりました。
非日常は日常のすぐそばにあるものだなぁと、そんな気付きが一番の収穫かもしれません♪


くっきぱぱさんへ  emi
2017/05/08 03:05
イメージしていた精進料理よりも、ずっと豪華で正直驚きました!
野菜や豆料理の可能性を知ったような…そんな気分です。
「雪の波紋」は美しかったです
そこに反応してくださり、嬉しいです!
本当に水の景色のように感じました。。。
yasuhikoさんへ  emi
2017/05/08 03:10
精進料理と言ってもどても豪華なんですね。限られたお野菜や豆類などでこんなにも沢山の料理を作り出すんだからすごいですよねぇ。
窓の外の景色も美味しさを引き立たせてくれたように思えます。
静かなお寺で何にも煩わされずに写経をすることは素敵な時間になるんですね。前から興味はあるのですが、なかなか実際にやってみるまでには至りません。機会があったらやってみたいです。
うずら
2017/05/11 00:38
「精進料理コース」という感じでした♪
私も主人も、想像していたより豪華で、そして、いつ終わるかわからない量の多さ…びっくりでしたぁ。
写経と言えば、一文字写経というのも世の中にはあるようで、テレビでやっていました。全然別の土地のお寺の話でしたが。ただ、時間をかけて行うからこそ、良い時間になった気がしています。
旅先でやってみると、良い思い出にもなりますね。
うずらさんへ emi
2017/05/13 03:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
美しい精進料理・高野山:2017.4和歌山旅2 チャンスとピース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる