チャンスとピース

アクセスカウンタ

zoom RSS ブレンド紅茶を買う時は…(English Breakfast)

<<   作成日時 : 2017/01/26 21:13   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 8

お茶大好き emi です♪
今回は…大っ変ひっさびさの、わりと’ちゃんとした’お茶ネタ’です
’茶’は、自分を語る際にキーになる言葉の一つ
楽しみにしてくださっている声をちらほらいただき嬉しかったので、「今年は、時々書いていくぞ」と決めました
ネタは色々あります…どうなるかわかりませんが、とりあえず頑張る気ではおりまする
画像


最初に伝えておきますね
これまでとスタイルは変わらず、主観にうんちくを交えつつ進めまぁす

先日、とーーーってもおいしいブレンド紅茶 「Royal English Breakfast」をいただきました
プレゼント選びのセンス良すぎ〜と感激しました♪

ということで、今回は紅茶のブレンドティーを取り挙げてみます


★そもそも「ブレンドティー」とは、なんぞや?


色々な品種の茶葉を混ぜているが、基本、香りづけはしていません
(香りづけしたものは、フレーバードティーに分類されます)

「English Breakfast」のように、人気がある有名なブレンドティーは、様々な会社から出ています
が!
同じ名称でも、会社やブランドによって、風味に違いがあって当たり前と考えましょう
なぜなら、各社、「これぞ最適!」と、こだわりをもって配合を考えているからです
職人仕事ですね〜

※いただいた紅茶
画像



★こういった有名なブレンドティーの楽しみ方を敢えて大別すると2つ

@同じ名称の紅茶を、会社(ブランド)ごとに買って、飲み比べてみる⇒私は主にこっち派
Aすでに気に入った会社(ブランド)があれば、そこのそれを買い続ける
まぁ、楽しみ方を無理に分ける必要はありませんが、こういうことを意識しておくと、「買ったけど期待外れ」というがっかり体験は減りますかね〜


※中はティーバッグでした↓香りにツラれて?愛犬も寄ってきた(ピースを探せ)

画像



さて、折角なので、「English Breakfast」についても、ちょこっと触れておきます

★「English Breakfast」ってどんな紅茶?

英国の朝用にブレンドされた、濃い〜感じの紅茶(ブラックティー)
濃い〜ので、ミルクやお砂糖をたっぷり入れるのが英国流と言われています
この特長から、私が真っ先に思い浮かべるのは、アッサム種です
実際、この名前の紅茶には、アッサムが含まれることが多いようです

しかし、私がいただいたモノは、最初にRoyalと付いている…
なんだか高級な雰囲気が名前から伝わる
そして、原産国’中国’となっている
と、なると、中国の紅茶キームンも含まれているかもしれない
…と、まぁ、想像が膨らむのですが、何がブレンドされているかは表示と見た目では判別できず…残念

※一人分でティーバッグなら、私はソーサーを蓋にして蒸らしちゃいます↓
結構、横着者なんですよ…

画像



一煎目は、香りが良かったのでブラックで、二煎目はミルクを入れて、違いを楽しみながら美味しくいただきました
※ミルクは温めず、後入れが私の基本↓
画像


お茶は、自分が美味しいと感じられることが一番大事♪
うんちくは二番
と、私は思っております
…とはいえ、知識や経験に根付いた感覚というのもあるっちゃあるんですけどね
それを少しずつ知っていくのもお茶の楽しみ方の一つかなぁと思っておりまする。。。


※余談
アッサムは、インドに自生していた紅茶の葉っぱで〜とドラマチックなお話をしたいのですが…
キームンは、世界三大紅茶の一つで〜と話を続けたいのですが…
長くなるので、こういう話はまたそのうち〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
紅茶はもらい物がとっても多いですね〜しかも茶葉のもの!本人はあまり飲まないけど、ギフトとしては珈琲じゃなくて紅茶がオサレなんだそう(^^; 私はお茶系は香りやクセの強いのが好きですが、ちゃんと磁器のティポーット使うだけ偉いですね〜 最近はほとんどガラスの安いのでウーロン茶もハーブティも使い回しです(^^)
pmarin
2017/01/27 06:52
emiさんのお茶講座受けてみたいなぁ。
私は住んでいる場所がらもっぱら緑茶派なんです。
主人も。
2人ともお酒を飲まないので、お茶(緑茶)には
なかなかうるさいです(笑)
うめハハ
2017/01/27 23:39
こんばんは。

pmarinさん、茶葉で贈られることがよくあるんですね。
急須がない家も少なくない昨今、急須で淹れているというだけでステキ〜と思ってしまいます

私ですが、茶器を集めるのも趣味なんですよ。
私もガラスの急須で淹れること、あります。
色が見えるので便利ですよね♪

クセの強いお茶がお好みとは、なんだか通な感じがします
pmarinさんへ  emi
2017/01/28 01:42
ありがとうございます。
茶の専門店で働いていたことがあるのですが、お茶講座を任される一歩手前で退職…やりたかったんですよ〜
だから、そんな風に言っていただけて嬉しいです
今は、うめハハさんのような方から、拘りについて率直にお話を聴きたいんですよ
静岡のお茶はやっぱり美味しい、次にお会いした際に、ぜひお話し聴かせてほしいです。

そういえば、先日、沼津で仕事がありまして、三島駅で緑茶を購入しました。秋冬限定の大好きな’蔵出し茶’。
そのうちその話でも書ければと思っています。
うめハハさんへ  emi
2017/01/28 01:52
以前仕事の関係で紅茶の茶葉の事や淹れ方などを学んだ?学ばされた?事があったのですが「ブレンドティー」の話は出なかったので大変参考になりました。
でもねぇ、残念なことに最近カフェインを控えた方が良いと言われてしまって… 麦茶ばかり飲んでます( ;∀;)
うずら
2017/01/30 16:12
春が近くなると、emiさんのお茶の記事が楽しみになります。
それも今回は大好きなEnglish Breakfast。
おっしゃる通り、同じ名前でも香りも味覚も様々なので、この記事はとても楽しめました。

私は、ミルクは温めず、先入れが基本です。

ピースちゃん、すぐにわかったけど床と同一化している?
くっきぱぱ
URL
2017/02/01 19:32
まぁ!そういった経験がおありなんですね。
紅茶の茶葉は、色々あって学ぶのも大変ですよね…私もひーひー言いながら頑張って覚えていた時代を思い出します。
お身体、大丈夫ですか?
確かにカフェインは…最近はカフェインレスのお茶もあるようです。
あ、でも、麦茶は私もよく飲みます。
うずらさんへ  emi
2017/02/02 02:25
励みになるコメント、嬉しいです。。。
English Breakfast、お好きでしたか。
こちらのブランドのモノは、初めていただいきましたが、非常においしかったですよ♪
以前、ミルクについてお話しした記憶があります♪
先入れの方が、よく混ざる気が私もします。

ピース、床と同化してますね(笑)
実際、時々踏みそうになることがあります。。。
くっきぱぱさんへ  emi
2017/02/02 02:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブレンド紅茶を買う時は…(English Breakfast) チャンスとピース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる