チャンスとピース

アクセスカウンタ

zoom RSS 山寺クライマックス×2

<<   作成日時 : 2012/07/23 22:49   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 11

※登る寺’山寺’(山形県・立石寺)に行った話、前回の続き〜
お参りできる場所の中で一番上にあるのが奥の院
そこからまた来た道を戻りながら下山するのですが、途中でちょっと脇道に入ります
’五大堂’からの景色を見るためです
山寺を上る人たちの一番の楽しみはこの景色と言えるでしょう
画像


…実は、頑張って奥の院まで行かずとも、登り階段の途中で脇道に逸れれば五大堂に行けます
でも、なんだかね〜てっぺんまで行く前にそこに行ってしまうと、その先を登る気力が萎えてしまう気がして
楽しみを後に回し、頑張って奥の院まで行ってから、立ち寄ることに決めています

さてさて、話を戻します
脇道に入ると、まず目に入るのが納経堂
画像

切り立った岩の上…ほとんど崖、そこにそびえている小さな納経堂
建てるのも楽ではなかったでしょうね、スゴイ

そこからまた少し上にあがると五大堂がある
画像

内側はこんな感じ↓
画像


さて、是非、この写真はクリックして↓大きくして見ていただきたい
画像

画像右端に山寺駅、真ん中には橋を渡るJR仙山(せんざん)線が写っています
仙山線って一時間に一本しか来ないんで、ちょっと貴重?テンションがあがる
’ジオラマに鉄道模型’みたいでした
ちなみに、五大堂から山寺駅が見えるように、麓の山寺駅ホームからも五大堂が見えるんですよ

おもちゃのように見える景色ですが、実際は山にも里にも街へ移動する電車にも人がおり、’生活’があるんですよね
眼下を眺めている自分は、少し前に麓から見上げていた自分となんだか少し違うような気がしてきます
不思議な感覚になるこの時間
これが…私にとっての’山寺クライマックス’なんです

さてさて、五大堂から来た道を下る途中、気になる杉の樹を発見、「相当高そうだな〜
下りと上りでは同じ道を歩いてきたはずなのに、景色の見え方が全然変わるので、行きに気づかなかった樹に目が留まります
画像

しゃがんで撮影してます…細いけれどものすごい高い杉です
岩山の中に根を張り安定して伸びている杉、力強い

行きに見た’アジサイ’も近くで見てみたいな〜と思い、ちょっと野性的な道に逸れてみる
画像

前日に降った雨による水たまりがあります…岩山なので染みこまないのかな???
アジサイたちもまぶしそうなくらい、日差しが強く気温も高いのに蒸発もしないんだ〜
画像



一番上のお参りポイント奥の院との往復時間、約80分
今回は高温多湿で私が途中で具合が悪くなったのもあり、また写真を撮ったりしていたのもあり、この時間です
入り口にある看板には’40〜60分’とありますが、じっくり観るには充分な時間をとっていくことをお勧めします
「夏だから具合が悪くなったとなれば、冬行けば?」と思う方もいらっしゃるかもしれません
冬は…ものすごい積雪量です
私は近くまで行ったことはありますが、とても普通の街観光ファッションではムリ
いつか装備を整えてトライしてみたいな〜


最後に、第二の’山寺クライマックス’の話
ふもとについたらコレ!
’力こんにゃく’(通称:たまこん) +和カラシ
画像

画像右(ソフトクリーム看板の手前の七輪の上の)鍋で煮ていて、一串100円で売っています
イカのお出汁、お醤油で長時間煮込まれた’たまこん’は山形の名物
めちゃめちゃ美味しいんです
ホントは上る前に力をつけるために食べるものみたいです
でも、私にとっては毎度、’頑張って上ったご褒美’としていただきます

食べていると…ああビール呑みたい
山寺に登り払ってきたはずの、私の’煩悩’はなかなかしぶといみたいですね〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
雪山の風景、是非見てみたいですね。でも、東北の寒さは半端ではないから...

たまこんにゃく、おいしそう〜
後ろに見えるソフトクリームも、おいしそう〜
やはり下界に下りると煩悩に取り憑かれてしまうのですね。

ところで余計なお世話でしょうが、カメラのレンズ、お掃除の必要があるのでは。
くっきぱぱ
URL
2012/07/24 19:14
こんばんは。
あぁ山寺なつかし。もう今は体力的に登れないよーな・・(結構つらいですよね?ってあだしだけか・・・)。た・ま・こ〜ん♪おいしいっすよねぇーっ!ヘルシだしぃ。ビールにあうぅ〜(ワンコになっちまった)。
ピーチコの番人
2012/07/24 20:16
たまこん美味しそうぅ〜
こりゃあ〜間違いなくビールでしょう
私だったら我慢できないかも〜煩悩の塊です(笑)
華厳寺、わざわざ調べて下さったのですね〜
私も無宗教なのですが・・・随分前に、家族での悩みがあり、岐阜のある方に相談したところ、華厳寺にお参りに行きなさいと言われ〜その時から年に2回お参りに行っています。通い始め、早10年
あっ言って置きますけど、私へんなオカルト宗教者でも何でもないので安心して下さいね(笑)自然の雰囲気やお線香の匂いが好きであの空間が落ち着くんです

もこりん母さん
2012/07/24 22:20
くっきぱぱさんへ
雪の山寺は遠くから眺め、また写真でも見たことがあるのですが、「これはスゴイ」という静かな厳かな景色ですよ 山形は雪が多いので、仙台から近いと思っても、冬は全然景色が違うんですよね〜。仙台は比較的雪が少ないですからね。
下りてからは’たまこん’まっしぐらだったので、写真に撮って初めて「あ、ソフトクリームもあったんだ」と思いました。たまこん、美味しいですよ〜
カメラのレンズの件、ちょっとお掃除してみます…実は(レンズが飛び出したりしないタイプのホントの)コンパクトデジカメで撮ってまして、撮影しながらハレーションが気になってはいたんです。しかも、オート撮影だったので、大きくして見ると不鮮明な部分があり、見づらくて申し訳ありません カメラのせいだと思っていたのですが、レンズに汚れがある可能性もあるのでチェックしてみます。ありがとうござます
emi
2012/07/24 23:43
ピーチコの番人さんへ
コメントありがとうございます。
山寺に行かれたことがあるんですね???
天気がどうであれ、結構キツイですよね。そう感じるのが私だけじゃなかったんだと思うと、ちょっとホッとしています。
たまこんも経験ありですか?最近、「10分で出来る山形風こんにゃく」(←商品名に多少不安あり)がお気に入りで自宅でいただいておりますが、やっぱり長い時間に込まれた現地のものは格段に美味しかったです♪
emi
2012/07/24 23:57
もこりん母さんへ
気候的にはビールでしたが、’たまこん’なら日本酒も合いそう
残念ながらこの場所ではアルコールは売っておらず…ちょっと我慢しました。ホントは、頂上でビールを呑みたかったです
お寺や神社、そういう場所は日常を離れ、日ごろ感じなことを感じようとする自分がいるからおもしろいですよね。お線香の香り、自然の壮大さは私も大好きです
変な誤解はしていないのでご安心を♪
emi
2012/07/25 00:06
くっきぱぱさんへ
今、カメラのレンズをチェックして見たら…指紋が〜 構造的にもレンズの大きさから言ってもあまり触れることがない部分なのですが、思い込みだったようです カメラのせいにする前に自分の行動を疑えですね…ナイスなアドバイスを有難うございました。
emi
2012/07/25 00:09
高いところからの眺めはいいですね。
お天気にも恵まれ、汗とともにいろいろなことが吹き飛び、
リフレッシュできたって感じですね。
味のしみ込んだ玉こんにゃく、おいしそう
Bonchoco
2012/07/25 01:32
Bonchocoさんへ
大変な思いをしながら登った山寺でしたが、やっぱり景色は圧巻!疲れが吹き飛びます…と、思ったら…翌日、若干ふくらはぎが筋肉痛になりました…情けない…
でも、気分は翌日も爽快でした♪
たまには苦労してみて、ご褒美にヘルシーな名物を食べて、いい経験ですね〜♪
たまこん、ホントに美味しいので、食べさせてあげたいくらいです!!!
emi
2012/07/25 03:04
コメントへの返信、失礼します。

前々からちょっと気になっていたのです。
せっかく素敵な景色に出会ったのだから、もったいないなぁと思ったものであえてコメントさせていただきました。
ご迷惑をかけていなければいいのですが。

実は自分のデジイチが、日頃のメンテナンスを怠っていたので修理に出さねばならない状態なのです。大切なものには気を使わなければいけないなぁと反省しています。
くっきぱぱ
URL
2012/07/25 19:19
くっきぱぱさんへ
ありがとうございます。
思い込みって怖いです。繊細な面と大雑把な面…ものすごく雑に同居しているのが自分なんだな〜と思いました。反省です。
くっきぱぱさんのカメラ、元気になるといいですね〜。
emi
2012/07/30 01:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
山寺クライマックス×2 チャンスとピース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる